お客様レポート

ザ・リッツ・カールトン大阪/ザ・リッツ・カールトングランドボールルーム

ザ・リッツ・カールトン大阪/ザ・リッツ・カールトングランドボールルーム

ラグジュアリーホテルで上質なおもてなしウェディング

[2014年4月挙式]
***********************************************

~Part①お申込み編~

オシャレで楽しいご新郎様と、明るく美人なご新婦様。

お似合いのおふたりです。

 


まずは、阪急うめだ本店 ブライダルサロンにて

ウェディングデザインサービスのお申込みとブライダルクラブのご入会。

 

これからご婚礼当日までのおおまかなスケジュールもご説明させていただきました。

 


その後、ご新郎様・ご新婦様と一緒にザ・リッツ・カールトン大阪に移動。

ご婚礼の日程と会場を正式におさえる手続きを済ませました。

 

沢山のこだわりをお持ちのおふたりと、どのような結婚式に作り上げることができるのか

今からワクワクしております☆


**************************************************************
 

~Part②当日お支度編~


前日からご宿泊されていたご新婦様はそのまま客室でご準備。



こちらのホテルでは「ブライズルームプラン」があり、
 前日と当日の2泊3日をエグゼクティブスイートでご滞在・ご準備ができるのです。



朝早くからのお支度でしたが、ゆったりとご準備がはじまりました。

 

そしてご新郎様のご準備はというと…。



 実はご新郎様、チャペルの扉が開くその瞬間まで、
ご新婦様のドレス姿は楽しみにしておく!とご希望され、衣装打合せも同席されない徹底ぶり。

 

当日はおひとり更衣室でお着替えされました。

 

ただ、そんなご新郎様に挙式まで会えないご新婦様はやはり心細く感じていらっしゃるご様子。
 (なんと前日も一緒にご宿泊されなかったご新郎様!)

 

実は、この結婚式を担当した私はおふたりの友人でもあり、当日はゲストとして参列予定。
ご新婦様の気持ちも友人として、なんとなーく感じていたり…。
なので、ここで小さなサプライズ☆



ご新郎様に短いメッセージビデオをご用意してもらいました。
 楽しみにしていること、チャペルで待っていること。

 

ご新郎様の声を聴いて安心して頂けたらと思い、支度中のご新婦様に見てもらいました。




 感想は……。

 

感動というより面白がっていました(笑)
でも何よりも、緊張がほぐれたのであれば良いと言う事で!

 

そんな感じで女性ばかりで和やかにご新婦様の準備が進み、お支度が完了。



 

お選びいただいた衣装は、イタリアの最高級ドレスブランド「アントニオ・リーバ」




 

元建築家であるデザイナーがデザインする、360°完璧に計算されつくされた美しいドレス!
 非常にお似合いです!もう天使!!

 

ブーケもドレスに合わせて、少しだけ個性的に。

 



 

 

ご新郎様のご準備も整いました。



 

当日のお支度をほぼおひとりでしてくださったご新郎様。
ちょこっとだけお手伝い(笑)



ご新婦様のブーケと合わせた、ブートニア。

 

 

 さあ、いよいよ挙式が始まります!


 

もうすぐチャペルでお会いになるおふたり。



 

チャペルの扉が開いた瞬間のご新郎様の顔が楽しみです。


*********************************************
 

~Part③ 挙式編~


挙式会場はホテル6階にある「ザ・チャペル」



チャペル横の小部屋では、お母様にご新婦様の身支度のお仕上げとして「ベールダウン」を。



ご両親とお嬢様だけの静かな時間です。

 

チャペルの外では、お手伝いしてくださるお子様達も準備完了です。



女の子は「誓約書ガール」としてご新郎様と一緒に。
 男の子は「リングボーイ」としてご新婦様と一緒に。


チャペル内の準備も整い、挙式が始まります。



 
まずはご新郎様の入場。



誓約書ガールちゃんも、堂々と歩いてくれています!

 
そしてご新郎様、緊張の中…。

 

ご新婦様のご入場。



 
この瞬間まで、ご新婦様の花嫁姿を楽しみにされていたご新郎様。
ドレスだけでなく髪型もメイクも、 打合せ中なんどもご新郎様の好みを考えていたご新婦様。

扉が開いた時、なんだか胸が一杯になってしました。

リングボーイ君を先頭に、お父様のエスコートで一歩一歩ご新郎様のもとへ。



 
おふたりが祭壇の前に揃われて、挙式がスタートいたしました。



挙式スタイルはキリスト教式。

 

讃美歌はゴスペルシンガーにお願いをしました。

 

式後、チャペル横のテラスにてフラワーシャワーです。

 

この後、披露宴がスタートいたします。




********************************************

~Part③ 披露宴編~

披露宴会場はこちら!
ホテル2階にある「ザ・グランド・ボールルーム」



高さ約7mの天井には、チェコ製の優雅なシャンデリア。
ヨーロッパ貴族の社交場をイメージした会場です。
 今回は正餐スタイルと円卓スタイルをミックスしました。



迫力満点!かっこいい会場です。
 春をイメージした会場装花。



柔らかな色合いのブーケスタイルの卓上装花と桜。
このお花の打合せ、何回したのでしょう…。3回?4回?…。
 記憶も曖昧になる程、何度もフローリストと打合せを行い、こだわり抜いたお花。

メインテーブルには迫力のある桜の枝をオーダーしました。



 会場前では受付がはじまりました!
受付をお済ませいただいたゲストには、おふたりの前撮り写真にメッセージを書いていただきました。



 受付横のウェルカムスペースにはおふたりの思い出のグッズを。



ご新郎様は野球部で、ご新婦様はチアリーディングクラブでご活躍されておりました。

 
披露宴会場ではオープニング映像を流しておふたりの入場をお待ちいただきます。



ご新郎様からのウェルカムスピーチ後、



 和やかな歓談タイムがはじまります。



美味しそうなお料理がテーブルに運ばれてくると、料理長から本日のお料理のご説明です。
産地や調理法などを交えながら、お料理の楽しみ方を教えていただきました。



 
前半の余興は、ご新婦様のチアリーディングクラブ時代のご友人達からです。
 映像だけかと思いきや…



会場内でチアリーディングのパフォーマンス!



とっても華やかで、盛り上がる余興です!



と、ここでご新婦様も参加!



ドレスのまま上にも乗ってしまいました(笑)



ご新郎様には内緒で練習されていたご新婦様。
ご新郎様もびっくりされたようで、大成功でしたね☆

ドレスをお召しになっている為、ずれないように…危なくないように…と、
 事前にパフォーマンス内容をお伺いし、事前準備をした衣装担当者も、
この瞬間までは正直ドキドキしておりました。

 ご披露宴前半のラストの演出はケーキカット。



ご両家のご両親にお手本バイトをしていただき、ご両親がそばで見守る中、おふたりのファーストバイト☆



 
お色直しの為のご中座は、新婦様は大好きなおばあ様とご一緒に。


 
そしてご新郎様は仲の良いお兄様達と。


 
おふたりのご中座中には、生い立ち映像の上映。
お父様の目には涙が…。



 
次回は、披露宴後半のレポートです!
どんな素敵な衣装でご入場でしょうか?
お楽しみに☆


**********************************************
 

~Part⑤ 披露宴後編~

お色直しの衣装は紋付袴&色打掛です☆



 この色打掛は、国内三大織物のひとつ「川島織物」
ホテルの格式に負けない豪華絢爛な打掛で、華やかですよね!

 

再入場はそれぞれのご友人と。



おふたりの初めての出会いは、一緒にご入場いただいたご友人の結婚式で、それぞれ受付の担当をした時なんです!
なので、ご友人夫妻はおふたりのキューピット♡



この日を迎えられた感謝とともにエスコートをお願いしました。

 
披露宴後半は、ご新郎様のご友人から漫才の余興があったり…





ご新婦様のご親族からピアノ演奏のプレゼントがあったり…

なんと私へのサプライズまで用意してくださり…(いつの間に!?)




楽しい時間はあっという間に過ぎてゆき、いよいよご披露宴ラストです。



前日の夜中にやっと書き上げた、ご両親への感謝のお手紙。
たくさんの「ありがとう」の気持ちを花束に託しました。



この日、おふたりの門出にお集まりいただいた皆様へご新郎様から感謝のお言葉。



新しいご夫婦、新しいご家族の誕生です!



全5回に渡ってご紹介した『ラグジュアリーな結婚式!ザ・リッツ・カールトン大阪』はいかがでしたでしょうか?

 

おふたりのご希望をひとつひとつ丁寧に形にした結婚式は、 華やかで、あたたかくて、感動の一日でした。
 友人として、そしてウェディングデザイナーとして、この結婚式に携われたことを大変嬉しく思います!



おふたりの幸せがずっとずっと続くことを、お手伝いさせていただいたスタッフ一同、心から願っています☆




ウェディングデザイナー 柳瀬