お客様レポート

旧グッゲンハイム邸

旧グッゲンハイム邸

歴史感じる異人館で手作りアットホームウェディング

[2017年5月挙式]

*****************************************
~ パーティ準備編 ~

神戸北野の異人館などのレトロな街並みの雰囲気がお好きなおふたりが選んだ場所は
神戸塩屋にある
「旧グッゲンハイム邸」


100年の歴史を持つ洋館を貸切ってのオリジナルウェディング!



挙式は厳かに神社でしたい、とご希望いただきましたので神戸の神社をいくつかご提案。
その中でおふたりが選ばれたのが、垂水にある「海神社」



海のすぐ近くに佇むこの神社は「わたつみ神社」「かい神社」「うみ神社」など
様々な名称で呼ばれ親しまれており、境内は穏やかな海と風を存分に感じる雰囲気です。



おふたりが神社で挙式のご準備をされている一方、旧グッゲンハイム邸ではパーティに向けて準備が進められていきます!
 



会場装花は旧グッゲンハイム邸の雰囲気に合せて、ホワイト、グリーンにポイントでイエローを加えナチュラルな雰囲気に。




本が大好きなおふたり。



会場装花や装飾にも本を取り入れ、よりおふたりらしく。




階段にはご友人に描いていただいた絵、会場には新婦様が作られた貼り絵を。



この貼り絵は、アンネフランク アンネの日記の「光が射す窓」をイメージして作られたもの。

「光が射す窓」の中に
“太陽の光と雲ひとつない青空があって、それを眺めていられる限り、
どうして悲しくなれるというの”
というアンネの言葉があります。
これからのふたりの人生を明るく照らしてくれるような言葉を取り入れたいという想いで、選ばれたこの一説。
おふたりだけでなく、ご出席の皆様の未来も明るく照らしてくれそうですね!




おふたりが挙式を済まされ、旧グッゲンハイム邸に到着された頃には会場もセッティング完了☆








ゲストの皆様をウェルカムドリンクでお迎えします。


 
さわやかなノンアルコールカクテル☆

さぁ!いよいよパーティスタート!
 


次回はパーティの様子をお届けいたします!
どうぞ、お楽しみに!