注目の新着情報

お客様レポート

旧グッゲンハイム邸

旧グッゲンハイム邸

歴史的な洋館を完全貸切!アットホームなガーデンウェディング

[2014年4月挙式]
***********************************
今回は、ガーデンでのウェディングをご紹介します(^o^)

 

場所は、神戸市垂水区塩屋にある

旧グッゲンハイム邸


 

旧グッゲンハイム邸は、明治大正時代に滞在したドイツ系の貿易商家族の旧家。

コロニアルスタイルのこの洋館は、100年を超える年月を経た今もなお、海を臨んで建っています。

そんな歴史的建造物を貸切ってウェディングができるなんて、ステキですよね。

 

 

1週間前の天気予報は傘マークで心配していましたが、新郎新婦様の日頃の行い、
そして私たちスタッフの晴れ男晴れ女パワーも
後押ししたのか(?)
当日は雲一つない青空が広がりました!

 


絶好のガーデンパーティー日和の中着々と準備を進め、テーブルや邸宅内にもお花が飾られ準備完了。


 



 
旧グッゲンハイム邸でのお料理は、ケータリングでのご用意になります。
 

今回のパーティーは100名近いゲストがご参加でしたので、お料理はビュッフェスタイル。




神戸・三宮のレストラン “ブラッセリーラルドワーズ” さんにお願いしました。
 

とても気さくなシェフとマダム、スタッフの皆様がおふたりやゲストの皆様に喜んでいただけるようにと、

おふたりのご希望を伺ったメニュー構成から当日の準備・サービスまで、私たち阪急のスタッフと

同じ目線・気持ちで一緒に携わってくださいます。
 

今回のメニューも、おふたりらしさが存分に取り入れられたものになりました。

明石ご出身のご新郎様と、母方の本家が伊勢におありのご新婦様、

おふたりは2月にハワイで挙式をされました。
 

「それぞれの出身地の食材を取り入れたい」

「伊勢で叔父様が育ててらっしゃる伊賀牛と本家で作っておられる伊賀米を使ってほしい」

「明石の春と言えばいかなご!ご新郎様のお母様手作りの釘煮を使いたい」
 

そんなご希望を伺ってご提案いただいたメニューがこちら!

 

 ~  Menu ~

  *明石蛸ズッキーニとセロリ、オリーブのマリネ

  *トマトに詰めた明石鯛と玉ねぎのロミロミ ハイビスカスの香る泡

  *伊賀米を使ったいかなごの釘煮、ムール貝、オレンジのパエリア

  *伊勢海老を使ったガーリックシュリンプ

  *伊賀牛の藁焼き玉ねぎの丸ごとローストタスマニアマスタード添え

 

***



…まさに明石と伊勢とハワイの融合!!というお料理の数々。

 





メインの伊賀牛は、ガーデンで藁焼きにして出来立てをご提供!

どのお料理も皆さまにとても好評でした。
 

 

  

 

そしてガーデンウェディングに映える演出をもう一つ。

ウェディングケーキはクリームを使ったフレッシュケーキが多いですが、

今回は丸ごと1本のバウムクーヘンが登場!
 

お友達に運んでいただいて、丸太のようなバウムクーヘンにご入刀。

なかなかインパクトのある演出で、皆さんとても喜んでくださいました!!
 

 

 

外国映画に出てくるような、ガーデンでのウェディングパーティー。

気候の良いシーズンには最高ですね(^0^v
 

60名様位迄でしたら、邸宅内で着席コーススタイルのパーティーも可能です。

目の前に広がる瀬戸内の海と大きな空に見守られた、アットホームでオリジナル度の高い

邸宅ウェディングはいかがですか?
 

あんなこと、こんなこと、いろいろやってみたい! とご興味お持ちの方は是非、

阪急ブライダルサロンのウェディングデザイナーにご相談ください!

 

 

ウェディングデザイナー 北村

注目の新着情報

  • 【挙式レポート】帝国ホテル 大阪③

    お客様レポート

    【挙式レポート】帝国ホテル 大阪③

    帝国ホテル 大阪のエンパイアルームでとり行われたO様のご披露宴。お色直しのスタイルをご紹介いたします。カラードレスに選ばれたのは、A by Hatsuko EndoのSophia(ブラッシュ)。淡いスモーキ―なベージュピンクは、注目のカラー。幾重にも贅沢に重ねたチュールだから生まれる、ボリューム感は圧巻です。スウィートな印象になりがちなドレスに、大人のスパイスをきかせたブラックのサッシュベルト。他にはないデザインが、個性を感じさせます。ドレス:A by Hatsuko Endo(阪急ウェディング ドレスサロン)ブーケとヘッドを彩るお花はNicolai Bergmann (ニコライ バーグマン)でオーダー。可愛さとエレガントさが出るようにオーダーされたそう。ドレスの甘すぎない雰囲気にとてもマッチしています。たっぷりとヘッドにあしらわれたお花は、なんと70本!このドレスだからこそ出来たアレンジと、とても思い入れのあるアレンジ。アクセサリーやブライダルシューズにも、O様のセンスが光ります。プレ花嫁が参考にしたいポイントが沢山詰まったO様のご結婚式。お式全体の細かい部分までトータルコーディネートされた、素晴らしいお式でした。O様、素敵なお写真ありがとうございました!

  • 【挙式レポート】帝国ホテル 大阪②

    お客様レポート

    【挙式レポート】帝国ホテル 大阪②

    帝国ホテル 大阪のエンパイアルームで行われたO様のご披露宴。スワロフスキーのシャンデリアが印象的なボウルルーム。格調高い雰囲気がお写真からも伝わってきます。ロイヤルウェディングをテーマにネイビー×ゴールドのカラーをテーマに。装花はホワイトと×グリーンで洗練された印象です。天井も高くとても広い会場でも、ひときわ存在感を放つプリンセスラインのドレス。沢山のゲストの方々に囲まれて、幸せいっぱいのO様の笑顔。華やかな中にも、洗練された上品さを感じるご披露宴。そして何より、沢山のゲストの方との温かな空気感が伝わるお写真でした。お色直しをされたO様のご様子は、次のレポートでご紹介いたします。

  • 【挙式レポート】帝国ホテル 大阪①

    お客様レポート

    【挙式レポート】帝国ホテル 大阪①

    2018年秋、帝国ホテル 大阪でO様のご結婚式が行われました。ステンドグラスが印象的なヨーロピアンスタイルの大聖堂。12Mもある壮大なスケールのチャペルは、女性の憧れ。柔らかな自然光が降り注ぐ中、厳かに挙式がとり行われました。ご新郎様からサプライズのプロポーズを受けたという、思い出のチャペルで。お衣装やアクセサリー、ブーケに至るまで。トータルなコーディネートを細部までこだわられたO様。注目のウェディングドレスは、A by Hatsuko EndoのANA。おふたりのご結婚式のテーマである「ロイヤルウェディング」にふさわしい一着。美しいデコルテを飾る、ゴージャスな刺繍や、女性なら一度は憧れるボリュームたっぷりのプリンセスライン。タイムレスな美しさの中にも、時代の空気を纏った洗練されたデザインです。ご試着の時に「運命の一着!」と感じてくださったドレス。O様の気品ある雰囲気に合っていて、とてもお似合いです。ドレス:A by Hatsuko Endo(阪急ウェディング ドレスサロン)アクセサリーは、本物のジュエリーを。HARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)のティアラで、より一層O様の美しさが引き立ちます。シンプルな中にもこだわりを感じるブーケ。素敵ですね!無事、挙式を終えられて、幸せいっぱいの笑顔のO様。こちらまで幸せな気分になります♪まるで映画のワンシーンを見ているかのような、優雅なお写真の数々。気になるご披露宴の様子は別のレポートでご紹介いたします♪

  • 【挙式レポート】帝国ホテル 大阪

    お客様レポート

    【挙式レポート】帝国ホテル 大阪

    クリスマスムードが高まる12月。M様とK様のご結婚式がとり行われました。会場は、大阪を代表するホテル「帝国ホテル 大阪」サムシングブルーの小花が印象的なブーケが素敵です。天使のように可愛いご親族様に囲まれ、幸せいっぱいのK様。髙い天井に、ステンドグラスが印象的な、素敵なチャペル。ロングトレーンのドレスがより一層映えます。多くの方に祝福され無事に挙式を終えられました。華やかなビーディングがドレス全体にほどこされたウェディングドレスは、ジルスチュアートのもの。花嫁様の憧れのブランドです。挙式の時は、ビスチェタイプでお召しいただき、披露宴ではヨークを付けることで、違った印象に。ご新郎様はパイピングが洗練された印象のタキシード。おふたりの、会場にマッチしたコーディネートが素敵です。(衣装:阪急ウェディング ドレスサロン)お色直しは、ご新婦様が姪御様に喜んでもらえるように・・・と選ばれたカラードレス。柔らかなピンクに繊細に輝くグリッターが散りばめられたアンテプリマのカラードレスは、K様の優しい雰囲気にピッタリです。おふたりのゲストの方への想いがお写真からも伝わってくる、素敵な結婚式。M様、K様、いつまでもお幸せに・・・。