注目の新着情報

お客様レポート

【挙式レポート】ホテル阪急インターナショナル

【挙式レポート】ホテル阪急インターナショナル

ホテル阪急インターナショナルの玄関口、1階アトリムに恒例の大きなクリスマスツリーが飾られた11月吉日。M様のご結婚式が行われました。


ウェディングドレスに選ばれたのは、「LUSANMANDONGUS(ルーサンマンドーナス)」のマーメイドドレス。胸元には上品で繊細なビーディングが施されています。足元にもこだわってシャイニーな「Femmel(フェンメル)」のウェディングシューズを合わせて。








新婦様のお手元にはカサブランカがふんだんに用いられた、お母様のお手製ブーケ。新郎様の胸元にもブートニアが添えられ、緊張した面持ちだったおふたりに笑顔が。


お支度も整い、あらためて向き合うおふたり。


たくさんのご家族ご友人に見守られるなか、静かに歩を進めます。



お花をモチーフにした円形の天窓が特徴のチャペル。優しい光に包まれながら、おふたりの誓いが立てられました。


ご友人から祝福のフラワーシャワーを幸せそうに見上げる新婦様。


贅沢なロングヴェールがマーメイドラインのドレスと相まって、女性らしい、ひときわ美しいシルエットを生み出します。


披露宴では、真っ赤なローズのブーケ。こちらもお母様の手作り。白いドレスとのコントラストが印象的です。



お色直しにお選びいただいたのは、「Leaf for Brides(リーフフォーブライズ)」のカラードレス。やわらかな質感の淡いモスグリーンの生地をたっぷり用いて、裾まわりには施されたミルフィーユ状の重なりはまるで大きなお花のようです。


リラックスした表情のおふたり。


いつまでも末永くお幸せに。


 

注目の新着情報

  • 【挙式レポート】帝国ホテル 大阪③

    お客様レポート

    【挙式レポート】帝国ホテル 大阪③

    帝国ホテル 大阪のエンパイアルームでとり行われたO様のご披露宴。お色直しのスタイルをご紹介いたします。カラードレスに選ばれたのは、A by Hatsuko EndoのSophia(ブラッシュ)。淡いスモーキ―なベージュピンクは、注目のカラー。幾重にも贅沢に重ねたチュールだから生まれる、ボリューム感は圧巻です。スウィートな印象になりがちなドレスに、大人のスパイスをきかせたブラックのサッシュベルト。他にはないデザインが、個性を感じさせます。ドレス:A by Hatsuko Endo(阪急ウェディング ドレスサロン)ブーケとヘッドを彩るお花はNicolai Bergmann (ニコライ バーグマン)でオーダー。可愛さとエレガントさが出るようにオーダーされたそう。ドレスの甘すぎない雰囲気にとてもマッチしています。たっぷりとヘッドにあしらわれたお花は、なんと70本!このドレスだからこそ出来たアレンジと、とても思い入れのあるアレンジ。アクセサリーやブライダルシューズにも、O様のセンスが光ります。プレ花嫁が参考にしたいポイントが沢山詰まったO様のご結婚式。お式全体の細かい部分までトータルコーディネートされた、素晴らしいお式でした。O様、素敵なお写真ありがとうございました!

  • 【挙式レポート】帝国ホテル 大阪②

    お客様レポート

    【挙式レポート】帝国ホテル 大阪②

    帝国ホテル 大阪のエンパイアルームで行われたO様のご披露宴。スワロフスキーのシャンデリアが印象的なボウルルーム。格調高い雰囲気がお写真からも伝わってきます。ロイヤルウェディングをテーマにネイビー×ゴールドのカラーをテーマに。装花はホワイトと×グリーンで洗練された印象です。天井も高くとても広い会場でも、ひときわ存在感を放つプリンセスラインのドレス。沢山のゲストの方々に囲まれて、幸せいっぱいのO様の笑顔。華やかな中にも、洗練された上品さを感じるご披露宴。そして何より、沢山のゲストの方との温かな空気感が伝わるお写真でした。お色直しをされたO様のご様子は、次のレポートでご紹介いたします。

  • 【挙式レポート】帝国ホテル 大阪①

    お客様レポート

    【挙式レポート】帝国ホテル 大阪①

    2018年秋、帝国ホテル 大阪でO様のご結婚式が行われました。ステンドグラスが印象的なヨーロピアンスタイルの大聖堂。12Mもある壮大なスケールのチャペルは、女性の憧れ。柔らかな自然光が降り注ぐ中、厳かに挙式がとり行われました。ご新郎様からサプライズのプロポーズを受けたという、思い出のチャペルで。お衣装やアクセサリー、ブーケに至るまで。トータルなコーディネートを細部までこだわられたO様。注目のウェディングドレスは、A by Hatsuko EndoのANA。おふたりのご結婚式のテーマである「ロイヤルウェディング」にふさわしい一着。美しいデコルテを飾る、ゴージャスな刺繍や、女性なら一度は憧れるボリュームたっぷりのプリンセスライン。タイムレスな美しさの中にも、時代の空気を纏った洗練されたデザインです。ご試着の時に「運命の一着!」と感じてくださったドレス。O様の気品ある雰囲気に合っていて、とてもお似合いです。ドレス:A by Hatsuko Endo(阪急ウェディング ドレスサロン)アクセサリーは、本物のジュエリーを。HARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)のティアラで、より一層O様の美しさが引き立ちます。シンプルな中にもこだわりを感じるブーケ。素敵ですね!無事、挙式を終えられて、幸せいっぱいの笑顔のO様。こちらまで幸せな気分になります♪まるで映画のワンシーンを見ているかのような、優雅なお写真の数々。気になるご披露宴の様子は別のレポートでご紹介いたします♪

  • 【挙式レポート】帝国ホテル 大阪

    お客様レポート

    【挙式レポート】帝国ホテル 大阪

    クリスマスムードが高まる12月。M様とK様のご結婚式がとり行われました。会場は、大阪を代表するホテル「帝国ホテル 大阪」サムシングブルーの小花が印象的なブーケが素敵です。天使のように可愛いご親族様に囲まれ、幸せいっぱいのK様。髙い天井に、ステンドグラスが印象的な、素敵なチャペル。ロングトレーンのドレスがより一層映えます。多くの方に祝福され無事に挙式を終えられました。華やかなビーディングがドレス全体にほどこされたウェディングドレスは、ジルスチュアートのもの。花嫁様の憧れのブランドです。挙式の時は、ビスチェタイプでお召しいただき、披露宴ではヨークを付けることで、違った印象に。ご新郎様はパイピングが洗練された印象のタキシード。おふたりの、会場にマッチしたコーディネートが素敵です。(衣装:阪急ウェディング ドレスサロン)お色直しは、ご新婦様が姪御様に喜んでもらえるように・・・と選ばれたカラードレス。柔らかなピンクに繊細に輝くグリッターが散りばめられたアンテプリマのカラードレスは、K様の優しい雰囲気にピッタリです。おふたりのゲストの方への想いがお写真からも伝わってくる、素敵な結婚式。M様、K様、いつまでもお幸せに・・・。